アウトドア用木部ステインは室内では使わない方がいい

MENU

アウトドア用木部ステインは室内では使わない方がいい

築年数が30年を過ぎた木造モルタル2階建ての家屋に住んでいます。リフォームはしていますがもう何年も前のことで、かなりいろいろなところが傷み出しています。

 

私は日曜大工が嫌いではありませんので少しのことなら自分で直せるのですが、ただ板金などの難しい部分は素人では無理ですから外部はなかなか手が廻りません。

 

それでさしあたり汚れがひどいダイニングキッチンの床板の塗装だけでも自分でし直そうと、近所に出来たビバホームへ塗料などの買出しに行きました。

 

すると、塗料にもいろいろな種類があり、それによって値段も違うことが分かりました。

 

私が買い求めたのは水性の木部用ステインと称する2リットル缶でした。何故これにしたかというと一番安かったからですが、アウトドアウッドにも使えると書かれていましたので、それなら屋内のキッチンは全く問題がないだろうとも考えたのでした。

 

早速自宅に戻り古い塗装をサンドペーパーではがし、あらかたはがし終えたところで塗装にかかりました。

 

同時に買い求めた刷毛で部屋の隅から塗り始めました。冷蔵庫のように動かすことが大変なものはそのまま避けましたが、それ以外は全て塗り直しました。

 

漆を塗る要領で3回塗りにしてみました。

 

すると見違えるように綺麗な床になり、私も家族も大満足だったのですが、ところが素足で歩いてみるとどうもべとつくのです。

 

完全に乾燥させた後でもこのべとつきはかなり長く残りました。

 

室内の床に使うにはまずい塗料だったかなと思い後日店で聞くと、問題はないしかしベターではないとの答えでした。

 

べとつきを感じなくなるには半年以上かかりました。今はべとつきませんが、その間の不快感を考えると失敗でした。

まずは一括見積もり

関連ページ

旦那の実家の築20年以上建った2階建てを平屋にリフォーム!
断なの実家が、頻繁に雨漏りしていて悩んでいました。 天井には、雨漏りの跡がくっきり出てきてしまい、雨の日はとんでもなく過ごしにくく、だんだんと家の中が湿気くさくなり、そのせいか、立て続けに不幸なことが起るようになってしまいました。
低価格業者による外壁塗装の色むら
私は一戸建て住宅を所有しています。 その住宅は15年前に購入した、地元の大手不動産会社の建売り一戸建て住宅です。
実家を塗装工事した時の築年数と感想
クレームでの自宅再塗装について
余った塗料買って自分で塗って安く仕上げる
自家用車への缶スプレーによる塗装について
自家用車に缶スプレーで塗装する事での注意事項というか、実際の体験談の話をしたいと思います。
壁紙貼り替え初挑戦,初失敗でした
三年前の宮城県沖地震でかなり家が傷みました。なんとか一部損壊で済み,居住することは出来てまずはホッとしましたが
瓦が風で飛んでしまい初めての屋根リフォーム体験
我が家は築30年以上の家なのですが、昨年とても強い風が吹き、屋根の瓦が飛んでいってしまって、
太陽光設置に併せ,屋根をガリバリウムで葺き替えました。
屋根のリフォームを決断した直接のきっかけは,太陽光発電を入れたいと思ったからでした。
我が家の屋根の葺き替えと外壁の塗りなおし
ことの起こりは、雨樋の雨漏りでした。 最初は玄関先の雨樋に小さい穴が開いていたのです。 そこから雨がじゃぼじゃぼとたれていました。
網戸の張替えを行ったときのことです。
玄関周りの外壁をペンキで塗ってみました
物置の屋根の塗り替えを行いました
和室の障子の張替えを行いました。