素材別外壁塗装やサイディング

MENU

現在の外壁をレンガ調にリフォームできますか?

外壁をレンガ調にリフォームするには、レンガ模様のサイデォングを張るか、レンガタイルにするかと言う事になります。今現在が、単色の外壁なら、まるで新築のようなイメージチェンジになるでしょう。

 

現在の外壁が、サイディングなのか、モルタル仕上げなのかで、工法も変わります。
モルタルの場合は、クラックや、モルタルの痩せた部分をコーキングで補修たり上塗りし、その上に、レンガタイルを張っていく方法か、レンガ調のサイデォングボードを現在の外壁の上に張るか、張り替える方法になります。
クラックなどが少なく、下地の傷みがなければ、何も問題なく素敵なレンガ調の外壁になるでしょう。

 

現在の外壁がサイディングの場合は、少し問題点がでてきます。
レンガタイルもレンガ調のサイディングも通常のボードに比べると少し重さがあると言う事です。
普通のデザインサイディングなら、既設のボードの上に張ることで費用を低めに抑える事もできるのですが、タイル調となると、古いボードを全て剥がして、下地の補強後に張ることになるでしょう。

 

建築時は、サイディング1枚の重さを考慮して、下地の強度を設計している所に、更に重量のあるボードをもう1枚重ねるとなると、重さで問題が生じると言うことです。
現在のレンガタイルや、サイディングは、軽量化が進んではいますが、老朽化した既存をそのまま下地として利用するのは、リスクも大きくなります。

 

業者選びの際には、できるだけ複数の業者に調査と見積もりを依頼することをお勧めします。

 

その他の外壁塗装やサイディング素材については以下で。

まずは一括見積もり

素材別外壁塗装やサイディング記事一覧

レンガ風の外壁の長所と短所は?(外壁塗装費用)レンガのお家って、あこがれますね。異国情緒を漂わせたいときや、喫茶店のような雰囲気にしたいとき、真っ先に思い浮かぶのがレンガの壁かもしれませんね。レンガ風の外壁の長所は、デザイン性に優れているという点です。壁がレンガなら、花壇もグンと映えますね。また、レンガは耐久性に優れ、耐火性にも優れているというメリットがあります。レンガの短所は重さです。外壁をレン...

外壁塗装の一種に「ガルバリウム鉄板サイディング」というものが存在します。どのようなものかというと、アルミニウムと亜鉛を中心とした素材でシリコンも少量含まれています。メリットとしては、腐食する可能性が低く、耐久力の強い素材ということ!日本では、レストランやカフェなどの外壁として使用されているケースが多くありましたが、最近では一般家庭でも取り入れているケースも増えてきています。見た目が非常にスタイリッ...

まずはトタン外壁の説明から…。トタン外壁とは、「亜鉛メッキ鋼板」を素材としている外壁のことです。簡単に言えば、等間隔に縦の筋が入った、金属製の外壁ですね。トタン外壁のメリットは、耐熱性・防火性に大変優れていることです。デメリットは長年放置しておくと徐々にサビがでてしまうこと…。ですから、トタン外壁なら定期的なメンテナンスが必要なのです。ところで、塗り替えの頻度の目安は何年ぐらいでしょうか?一般的な...

外壁の断熱リフォームは、それだけを単独で行うより、外壁のリフォームや、内装のリフォーム工事と同時にするのがとても、効率的です。断熱リフォームには、外張り断熱工法と、内張り断熱工法があります。その名の通り、外壁ボードを張る前に断熱材でできらボードを張る方法と、内装ボードの手前に断熱材でできたボードを間柱の間に張るか、袋入りのグラスウールを敷き詰める工法です。今回、外壁のリフォームと言う事なら、外張り...

モルタルは砂とセメントと水を混ぜて合わせた素材となっています。曲線を描くのにモルタルは最適な素材として使用されてて、曲線やアーチなど外壁の材料を貼り付けるシーンで多く活用されています。耐火性は非常にありますが、やはり経年劣化と共にひび割れや塗膜の剥がれ、変色などが起こってしまうことも・・・。モルタルは耐火性こそあるものの、防水性にはやや劣ります。一度水が浸食してしまうと、腐食やカビなどの恐れがある...