サイディング

MENU

外壁サイディングとは?デザイン性だけでなく耐久性も抜群?

外壁サイディングは見た目のデザイン性のみならず、快適に暮らす住環境が整った構造が特徴です。
例えば、有名なサイディングとして挙げられるのが窯業系。

 

耐火構造が抜群で燃えにくい素材なので、火事の心配もぐんと下がります。
またもう一つのメリットが冷暖房の効率を高めること!

 

優れた断熱性を発揮してくれて、外部からと内部から損失を減らし、外気の温度の影響を受けにくいという特徴があります。

 

そして地震にも強いというのがメリット!

モルタルなどの外壁に比べて、サイディングが施された外壁は強度が増し、地震を抑える効果が他の資材に比べて高いと言われています。

 

過去のデータでは阪神淡路大震災でも、窯業系のサイディング外壁材は大きな住宅被害が出なかったというデータもあり、その耐久性は目を見張るものがあります。

 

見た目がオシャレで表面的なインパクトが前面に出ているサイディング外壁ですが、実は内部も非常に優れているということが、このデータからも実証されているといえるでしょう。

 

サイディングの外壁材はホームセンターなどでも売っていますが、やはりしっかりとした内部構造を安定させるためには、業者に依頼することをお勧め致します。

 

定評のある外壁塗装といえば、価格の安さにも定評のある優良会社、「外壁塗装の駆け込み寺」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

見積もり段階で、実際の現地調査も行ってくれる安心の業者です。

まずは一括見積もり

サイディング記事一覧

戸建住宅の外壁、最近はとてもおしゃれで、いったいどんな素材なんだろうって言うものが多く見られます。外壁には、タイル、ALC、モルタル仕上げなどさまざまな物がありますが、一番多いのは、サイディング材ではないでしょうか。サイディングと言うのは、アルミ製、金属製、スチール、樹脂やセメントなど様々な素材でできたものがある外壁用の板の事です。断熱性、耐久性に優れ、レンガ風、木材風など柄や色、デザインも豊富な...

ビルの外壁リフォームは、十数年に一度の大作業です。リフォーム会社は丁寧に作業してくれるところを慎重に見つけたいものです。また、ビルの外壁は範囲が広いだけに価格も張りますね。リフォームにかかる費用は会社によって大きく異なり、場合によっては数十万ならず、百万を超える差額が出ることも…。ですから、ビルの外壁リフォームを検討中なら、まずは一括見積をしてみましょう。一括見積のサイトを活用すれば、数社の見積も...

シーリングとは何か?サイディングとは外壁表面に貼り付けてある外壁板のこと。シーリングとは、サイディングパネルの間のすき間を埋めているコーキング剤のことです。シーリングの目的は主に防水。触ると弾力があり、ゴムのようになっていますが、最初はネットリとしたペースト状になっています。乾くとゴムのようになり、伸縮性に富むようになるのです。シーリングについてウィキペディアさて、サイディングを長持ちさせるために...

材料費が安く、施工が簡単。さらに、耐久性も強く、半永久的な外壁として、普及しているサイディングボードですが、補修・リフォームが全く必要ないのかと言うと、実はそういうわけにはいきません。他の材料が劣化する以上、同じように補修が必要となります。下地やコーキング、固定用の金具の老朽化や釘のサビにより、外壁自体に影響を及ぼします。また、ボード自体も現場では、一枚物を切断して使用するため、切断面から湿気を吸...

外壁のリフォームを考えているのなら、いきなり業者を選択するのではなく、相場を考慮して決めることが重要です。自分の家がどのくらいの坪数なのか、そして外壁の面積がどのくらいあるのか、しっかり理解してから依頼しましょう。2階建ての家の外壁リフォームをお願いした場合は、スタンダードなシリコン樹脂系でお願いすると、安くても80万円程度。高い場合は140万ほどすることもあります。こういったサイトも役に立ちそう...

外壁のサイディングにかかる費用は大まかに言うと、80万から120万円程度とするのが一般的と言われています。サイディング材のつなぎ目部分だけの補修であれば、それほど費用はかからないでしょう。例えば、傷んでいる部分だけの修復であれば30万円以内で収まることもあります。その理由としては、足場を使わず、ひび割れや傷みを修復するだけのものになり、大掛かりな工事費用が発生しないため。しかし、傷んだサイディング...

外壁塗装に使われる外壁材にはサイディング、モルタル、タイル、ALCなどがあります。この中でも一般家庭でよく使われるものがサイディング!サイディングは、どの塗装業者や住宅メーカーでも取り入れている外壁デザインの一つで、お洒落な見た目を演出するのに欠かせない素材となっています。人気の理由としては、デザインのバリエーションが広く、比較的価格も安いため、施工している人が多いというのが特徴。そしてそのサイデ...

外壁リフォームのサイディング施工すると、非常に見た目が印象が変わり綺麗になります。例えば色を全く違うものに変更させることも可能!暗かったグレー系のカラーから、明るい印象を与えるベージュ系のサイジング施工することも可能で、明るい雰囲気を演出することができます。サイジング加工も豊富なデザインが揃っていて、レンガ調のタイルを使ったり、パネルの落ち着いたデザインに仕上げることも!もちろん屋根やベランダなど...

店舗や大規模なオフィスなどの外壁塗装は、様々なところで見受けられているのではないでしょうか。このような法人向けの外壁塗装はかつてから積極的に行われてきたのではないかと考えられており、注目を集めつつあります。また、このような業態向けの外壁塗装は高度な塗装の技術が求められる傾向にあり、丁寧で確実性の高い塗装が実践されているのではないかと思います。同一色を塗り直す塗装や新たに別の色の塗装を施す場合など、...

サイディング工法に行われる手段は主に2つあります。外壁材を剥がし、家の骨組みに当たる下地や耐熱材をチェックして、サイディングを張り替える方法。土台や柱が腐食したり、錆び付いていないか調べてから補修することが可能です。また、シロアリの被害を最小限で食い止めることができるのも、この張り替え工法の良さ!単純に見た目だけでなく、メンテナンス的な意味合いが込められているので、家を長年大事に保っていきたいと考...

外壁塗装をする際、費用の内訳として、約60%は人件費と諸経費です。残りの40%が、材料、塗料と下準備に掛る費用になります。外壁塗装の際も、屋根塗装の際も内訳はほとんど、同じ考え方です。外壁と屋根を一緒に塗装することで、足場費用はかなり下がります。勿論、半分になる訳ではありませんが、外壁分+屋根までの延長でできるはずです。しかし、業者の中には、そう考えない業者もあります。[外壁塗装費用=総床面積×外...

いざ外壁のリフォームをするとなると、どのメーカーを選べばいいのか悩みます。ここでは人気トップランクに挙がっているサイディングメーカーと、その特徴についてお話ししていきますね。ニチハ・・・最近、一番人気に挙がっているのがニチハです。ニチハの魅力はデザイン性が高く、バリエーションがそろっていることですね。ショールームも感じがいいと評判ですから、一度足を運んで実際に質感を見てみるのもいいでしょう。ケイミ...

現在、建てられている住宅の外壁は、6割以上がサイディング工法で建てられています。サイディングには様々な種類があります。1uで、2000円〜10000円までと、価格もまちまちです。同じ素材でも、厚みや仕上げ塗装のレベルにより変わります。当然、厚ければ断熱効果、耐震性にも優れますが、重みが増す分下地の補強に費用が掛かる事になります。軽いものなら釘止めの工法、重くなれば金具止めの工法になる事が多くなりま...

外壁は一番傷みやすい個所なんといっても雨風や日差しに直接さらされます。その上もっとも人目に付きやすいのが外壁です。そこで、初めてのリフォームを考えるきっかけになるのが外壁の劣化かもしれませんね。外壁のリフォームをするうえで、一番人気が高いのが「サイディング」によるリフォームです。サイディングとは、板状に作られた外壁材のこと。つまり、壁一面塗りなおしたり張りなおしたりすることなく、上から貼り付けるだ...

耐久性が高いとして注目を集めているサイディング。メーカーや品質によって耐用年数は多少異なるものの、目安として言える耐用年数は40年です。家自体の耐用年数とあまり変わらないかもしれないくらい、長持ちしますね。サイディングの耐用年数を他の外壁材料と比較できるよう、列挙してみますね。耐久性が上回っているのはコンクリート…100年、石張り…60年、ALC板50年。サイディングに下回るのはモルタル、羽目板張...