DIYについて

MENU

外壁塗装はDIYでできる?業者への見積もりは必要なし?

最近、なんでも自分でやってしまうDIYが流行っています。

趣味をかねて、リフォームまで自分できたら一石二鳥ですね。さて、外壁の塗装は自分でもできるの?・・・

 

はい、先輩のDIY方は自分で外壁を塗られている方も多くいます。

 

その手順についてお話しますね。(※壁そのものが傷んでいないことが前提になります。もしも傷んでいれば、上から塗料を塗っても長持ちしません!)

 

@ まずは外壁を水洗いし、汚れを落とします。ブラシでしっかりと洗いましょう。カビやホコリ、汚れを徹底的に洗い流します。1日置いて乾かします。
A 養生します。窓や窓枠、排水管など、塗料がついてはいけない場所を覆うことです。新聞紙や布などを使って要請します。
B 塗料を3回塗ります。つまり、下塗り、中塗り、上塗りということです。それぞれ、乾いてから塗りなおします。
C 最後に養生をはがして完成です。

 

塗料は、耐用年数が長いものを選びましょう。もっともポピュラーなのはシリコン系塗料ですね。13年持ちます。シリコン系塗料の中でも種類があります。
耐久性が最も優れているのは溶剤2液型。使うときに硬化剤を混ぜる必要があります。

 

塗料を塗るときには、ローラー型のペンキ塗りがあるといいですね。ローラーなら均等に早く塗れます。間違ってもハケはNG!スジが残ってしまい、見た目が落ちます。

 

少ない人数でやるのなら、数日かかることを予測して晴れが続く時期を選びたいですね。さあ、好きな色を見つけてさっそく壁を塗りなおしましょう!

 

ただし、当然ですがDIYには限界があります。

いくら自分でやっても専門業者にはかないませんし、すぐにダメになってしまう可能性もあり、時間と費用が無駄になることも・・・

 

やはり外壁塗装は専門業者に頼むのが一般的だと思われますよ。

まずは一括見積もり

DIYについて記事一覧

外壁塗装工事費用を削減したい?外壁補修はDIYでできる?外壁の補修を考えている方は、少しぐらいの損傷や傷であれば、自分で直してしまおうと考えている方もいることでしょう。しかし、実際に自分で直すには専門知識が必要で、曖昧な知識のまま自分で直してしまうと、雨風や突風に対して十分な対策を講じていないため、すぐに色ムラや欠陥が現れてしまいます。また、見た目のざらつきや表面の滑らかさなどにも専門の塗装業者が...

何でも自分でやってしまうDIYが流行っていますね。お家のリフォーム、日曜大工など、上手にこなしてしまう人…それがDIY。DIYなら、外壁のひび割れだって自分で直してしまいます。さて、ホームセンターやネットショップで、外壁のひび割れ補修材が販売されていますね。その選び方と使い方についてお話したいと思います。壁質はモルタル壁とします。ひび割れの補修材は、ひび割れの程度に合わせて選びます。ひび割れが1ミ...